藻塩うどんとは

隠岐の島郷土の味「隠岐そば」をヒントにより多くの方に召し上がって頂けるように、できたのが「隠岐藻塩うどん」です。
隠岐の島町久見地区の特産品「藻塩」を練りこんだ麺を、ふるさとの味「鯖だし」で召し上がっていただきます。
湯がきたてを瞬間冷凍し、おいしさそのままをご自宅でお楽しみ頂けます。
着色料等は使用しておらず、麺が少し紫がかかっているのはすべて藻塩の色です。

藻塩とは

日本古来からある天然塩
ナトリウム量が一般的な精製塩に比べて少なく、ミネラル分を多く含んでいます。
海水のミネラル分だけでなく、海藻の旨味や栄養成分が豊富で、とがったしょっぱさはなく、まろやかな口当たりです。
天然の健康食品とも呼ばれており、塩分の過剰摂取を防ぐことができます。
また、うま味成分を多く含むため、化学調味料のかわりとして使用することができるのも魅力の一つです。

隠岐の島久見地区の藻塩
隠岐の島町久見地区の藻塩は、日本で一番色の濃い藻塩として本に掲載されています。
その色の秘密は、アラメという海藻を使用して作られており、一度天日干ししたアラメと海水を大窯で何度も煮出すことで、
より濃い藻塩ができあがります。
煮出した塩を七輪の上で丸一日かけてじっくりと結晶化させていきます。
出来上がった藻塩は石灰の成分がとても少なく、日本全国の飲食店で愛用されています。


自家製さばつゆについて

昔から隠岐の島町の郷土料理「隠岐そば」を鯖だしで食べる風習があります。
隠岐の島町独特のものであり、生の鯖を焼いてだしを取るのが特徴です。

自社特製の鯖つゆは、生鯖をじっくりと焼き、手作業で小骨を取り除き、身をほぐします。
出汁は鯖以外に隠岐の島町産のしいたけや、かつおぶし、昆布などこだわりのだしをとり、焼いた鯖と一緒にじっくりと煮込んでいます。
使用している材料は、地元の酒や醤油、藻塩など隠岐の食材をふんだんに使用しています。
味は鯖の風味を残しつつも魚臭さはなく、うどんと一緒に絡めて召し上がっていただけるようにまろやかな味わいにしております。
この味に辿り着くまでには何か月も試行錯誤した、至極のつゆですのでぜひお召しあがり下さい。

※すべて手作業のため、骨もひとつひとつ丁寧に取り除いていますが、まれに小さな骨が混入している場合がありますので、ご注意ください。